2011年7月7日木曜日

時事ドットコム:シロメバルからセシウム=福島

【食品】福島県いわき市沖、シロメバルからセシウム3200ベクレル
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011070600926
(引用)
厚生労働省は6日、福島県いわき市沖で取れたシロメバルから、食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える3200ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。シロメバルから放射性物質が検出されたのは初めて。同県では漁業協同組合がすべての漁を自粛しており、シロメバルが市場に出回ることはないという。(2011/07/06-21:58)
【食品】福島県いわき市沖、シロメバルからセシウム3200ベクレル
http://savechild.net/archives/4606.html


(私見)

市場に出回ることはない。

普通出回るでしょう。
人間は完璧じゃなないのですから。
普段の自分自身をみていれば、出回るでしょうどう考えても。
ずーーーっと、結局そうでしたし。

久しぶりに出ました海洋汚染の情報。
某お店に幾度に並んでいる人をみて胸が締め付けられます。
「食べてはいけない」と伝えたい。「ご両親、止めよう」と言いたい。
でも、心の準備のない人に言ってもその人を苦しめるだけなのでしょう。

何せある程度の信頼関係が築かれた親や親戚、友人すら報道に汚染され聞く耳がない。

ましてや他人様なら尚更でしょう。
政府は本件に関して完全に機能を失っているばかりか、
明白な加害者になっているというのに。

親は年齢も年齢なので、その結果をダイレクトに受けることはないかもしれない。
だとしても私は胸がいたいです。だってプラスには働かないのは明らかですから。
毒だとわかって、それを食べさせる人がいるでしょうか?
いたとしたら、その人は殺意がある人です。
それは殺意なんです。

親にも1度だけ伝えました。
「だとしても私は胸が痛いよ。それだけは覚えておいて」
これ以上は両親にとってストレスにしかならないだろうから一切してません。

セシウムだけでコレです。

海にはありとあらゆる放射性核種が大量に投下されました。
恐らく今回放出された53種類(だったかな?)全てではないでしょうか。
ストロンチウムやプルトニウムをとっても検査には一ヶ月かかるといいます。
すぐには結果がでません。
ホールボディーカウンターでも検出はされないのです。

私は先日外食に誘われ出た際に初めて出された食べ物を残しました。
私は腹がはちきれそうでも食べ物は残したことがありません。
食べきることは、関わった全ての人や命に対して礼儀だからと考えいたからです。
もうこれからは自分で作ったもの以外そういうわけにいきそうにありません。

葛藤しました。
「これぐらい大したことがないかもしれない」、何度も箸先で戯れ、思いとどまりました。
申し訳ないと思いながら残しました。

多分乾燥ワカメだと思うんですけどねぇ。
乾燥ワカメは大概中国産であることが多いし。
しかも、「あ!」と思ったのは、味噌汁は飲んでしまったのです。(笑)
当然ながら、もしワカメがそうならそれを煮出した味噌汁も・・ということですので。トンマですね。
海産物は葉物野菜の比ではない。これぞまさに桁違いです。