2011年8月17日水曜日

SAVE CHILD :【泊原発】資金団体に元北電会長 知事と蜜月 高橋氏就任後天下り


【泊原発】資金団体に元北電会長 知事と蜜月 高橋氏就任後天下り
2011.8.17
http://savechild.net/archives/7197.html


北海道の泊原発・再稼働の中止を
8月 17th, 2011
http://www.kakehashi.or.jp/?p=4011

なぜ奪われたの?まだ奪うつもり
8月 17th, 2011
http://www.kakehashi.or.jp/?p=4013
(私見)

先ほどニュースで流れましたが再稼働を議会は決定だそうです。
まぁ、元経産省の方ですからねぇ。
所詮はパフォーマンスレベルに思いました。
頑張ったというポーズをとりたかったのでしょうか。

高橋知事は、原子力安全委員、と保安院のダブルチェックを通り一定の審査を得られたといった内容を決断理由として語っておりました。
「安全委員会の会議ご覧になったのでしょうか?」
まるでザル。丸投げです。議論そのものがされてません。
安全のチェックすら事実上してません。
それを知っての発言でしょうから大問題です。
知らないとしても大問題です。

結局のところ菅総理の仰った
「ストレステストをクリアしない原発は絶対に動かさない」
発言はかくも堂々とあっけなく無視されたことになります。

その理由を恐らくこのように言うでしょう。
元々運転はされているから。
超法規的に運転を続けていたものの問題がないから再開というなの運転継続をしたに過ぎない。
とでも言いたいのでしょう。

これほどまに無視される首相という存在はそもそも必要がなのでしょうか?挙句に、
道民を無視。
国民も無視。
彼らにとっては原発利権万歳といったところでしょうか。
彼らは何様なのでしょうか?
どのような存在なのでしょうか?

認可する安全委員や保安院の誰が責任をとるのでしょうか?
法律に基づいて処理したと仰るのでしょう。
なので誰も責任はとらないでしょう。

彼らは破壊的装置を動かしても罪には問われず、
彼らは放射能という毒を国民にもっても、
遅効性で確率不明であることを理由に罪に問われないようです。

現実は粛々と進み言及される事態となっても、
ただ一言「あの時は問題がないと思った」とか言い逃れをするでしょう。
せいぜい東電の清水社長のように退職金5億だか知りませんが全額もらって辞任。

いつから日本は毒をもっても罪にならなくなったのでしょうか。
毒をもられたら、例え相手が死に至らなかったとしてもそれは罪になる筈です。
とんでもない世の中になっていたものです。
エコノミックアニマル。
真の悪党は温厚な顔をしているようです。