2011年10月19日水曜日

Andoroid2.3.4:005SH:モバイルSuica

本日登録してしまいました。
1ヶ月ほど携帯の様子をみようかと思いましたが、
今のところ機器の不良動作、不安要素の予兆もないので。

電子マネーってなくても困らない機能なのですが、
一旦これに慣れると、とても便利なのですよねぇ。
これは使った人にしかわかりません。

特に電車の乗り降りや小銭発生シーンで流れを煩わさないのがいい。
この「流れ」を煩わせないって、師匠曰く大切なことですし。
まぁ、師匠は使いませんけど。(笑)



利用しない方は携帯を落としたらどうするの?とか不安があるようですが、
単純に Suicaイオカード を落とすのと同じ意味です。
課金はオートチャージ設定さえしなければ入金にはパスワードが必要ですので
勝手にチャージは出来ません。
スマホを落とすのは財布を落とす感覚に近いかもしれません。
財布も個人情報の宝庫ですし。

私はずっと財布は薄い出来るだけ存在感がないものが好きだったのですが、
今では敢えて分厚い、目立つ財布を使うようになりました。
正直邪魔だしかっこ悪いし一方では嫌なのですが、このマイナス感情が役に立ってます。

存在感がない財布や携帯、つまりモノって脳がサボっている時に
その存在を忘れてしまうんですよねぇ。
過去に何度かレシートを捨てようとしてゴミ箱に投げ捨てたり、
外で何かの作業をする時にバッグから出したまま置き忘れたりしました。
分厚かったり、重かったり、派手だったり、ダサかったりすると、
モノが自己主張してくるので、忘れそうになっても、
「なんか軽いなぁ」とか、「手元が寂しい」とか、ヒヤリハットして回避できたりしますね。

先日も買って半年しか過ぎてない傘を忘れ、礼儀として探しにいきましたが出て来ませんでした。
どうでもいい傘ほど無くさないのはこの原理と考えてます。
無くしたくない傘は馴染んでいるのでいとも簡単になくします。
「どうぞ無くなっても構わない」という酷い傘は、心に引っかかりがあるので忘れてくれません。(笑)
こんな傘なくなっても痛くも痒くもないと、
以前レモンイエローの傘を買いましたが、彼は結果的に一番の長寿命となり今でも鎮座しております。
今では色はあせ酷い様相ですが、どう足掻いても忘れません。
ところが、その翌日にひょっこり違う傘を持って行くと、見事に忘れてしまったりします。

脳って疲れたりすると結構サボってますね。
ああなると注意しようがありません。

904SHも分厚くて重い携帯でしたが、そのお陰でヒヤリハットした経験は1度もありませんでした。
「邪魔だなぁ」とか、「重いなぁ」とか思う気持ちは心に引っかかりがあるぶん忘れないのですね。
マイナスの感情も上手く使えば役に立つなぁと思ったものです。話題が随分それてしまいました。

さて、私の場合お財布携帯を使うのは運賃や自販機、KIOSK、コピー、コンビニ等の小銭のみです。
つい煩わしいと思ってしまう少額の支払いのみです。
こういう時ほんと快適です。
逆に札クラスの支払いは現金にするようにしてます。
電子マネーは良くも悪くも存在感がないので量感で把握できません。
この五感で把握できない感じというのは個人的には嫌いなのです。

モバイルSuica等の携帯型電子マネーはカードやパスワードのみと違い、複雑さ及び個体識別可能であるが故にセキュリティ対策はかなりしっかりしているように思います。
昨今問題になっているネットバンキングは実在証明がないので抜かれたら気づかないこともあるでしょう。なので私はやっていません。そういう意味ではモノと電子という組み合わせは最低限必要なセキュリティ対策なのかもしれません。更に携帯には携帯そのものが識別番号をもっており、更に認証機能もありますので、カードや通帳といったモノ以上にセキュリティ性は高いと感じております。

ただ、厄介な問題は携帯の故障でしょうか。
携帯電子マネーは機種変時に手続きしなければならないというひと手間がかかります。
挙句に私のように乗り継いだ半日後に壊れたりすることもあります。そうなると途端にお手上げ。
不可抗力であっても、退会して新規発行するか、再発行の2択しかないとのことです。ただ、これもセキュリティ対策上致し方ない気もします。故障か紛失かの証明はとれるのでしょうが、それを業者同士が行うとまた別な問題も起きそうです。モバイルSuicaの場合は、退会には手数料210円。
再発行には手数料500円がかかってしまいます。

私は退会のプロセスをとったのですがケチって正直後悔しました。
退会してすぐ新規登録できるのかと思っていましたら、
「退会処理中」として2、3日?ぐらい新規登録出来ませんでした。
更に、返金されるのは2から4週間後になります。
再発行なら手間もなくすぐ利用が出来そうです。

904SHの頃はナナコモバイルも入っていたのですが、
ナナコはまだスマホには対応してませんでした。年内予定となっております。
こうした対応、非対応も事前に確認する必要がありますね。
こちらは機種変手続きしたまま宙に浮いております。
あれこれあっても機種変手続きが大変ですし、多くても3つ程度には絞っておきたいものです。


携帯と電子マネーとの関係もまだまだ過渡期の感じが否めませんね。