2011年10月5日水曜日

iPhone5発売されず、iPhone4S発売へ

発表されませんでしたね。
そして4Sでお茶を濁す。
市場は余程期待していたのか?株価が下落し売りが先行しているようです。

3GSがあったぐらいなので正直「やはり、そうくるか」という感じでしょうか。
むしろ、いきなり5を出すぐらい今も攻めなのか!?という状況が期待されていただけに失望感も大きいかもしれません。



あの会社が小出しにやりだすと正直またかという印象です。
停滞期のよ・か・ん。
過去にも何度かありましたね。

4Sの内容を見ると完全にマイナーチェンジ。
特に変わらない印象です。
CPUの高速化が図られているようですが、表記に誤魔化しが入っていたり、
カメラが500が800になっても、他会社の機種では既に当然の世界なので驚く点はありません。
バッテリーはむしろもたなくなってますし。
3Gから3GSに変えるほどの大幅な改善、改良も見込めそうにありません。
既に4はかなり完成度たかかったですから。

4の人はある意味よかったー!と思っているのかと思ったら、
意外に失望感が漂ってますね。
私だったら、「まだまだ一線級でいける!よかったー」と思ってしまいますが、
さすが若い人はそんな後ろ向きは発想はないようです。
まー、そうはいいつつも内心何割かはホッとしているのでしょうが。

私、個人的な考えとしては
最終的にはスマホはAndroid一色になるとVer1の頃から考えてました。
Androidの挑戦はVer2からで、本格的な戦いは3、優位期は4とかだろうかなと。
それらはGoogleChromeや他のアプリの展開をみて感じていました。
GoogleChromeは最早最速のブラウザで揺るぎないものがあります。
一度使うと他のブラウザは遅くて嫌になってしまいます。
慣れると癖になるシンプルで目を煩わすことのない画面構成。
いつの間にかなんでも出来るよういなっているVerUP。
YouTubeとの親和性の高さ。
最早他のブラウザは起動することがありません。
GoogleMapにしてもそうでした。
当初は非常に不便なものでしたが、今や無くては困る、あって当たり前のサービスになりました。

そうしたGoogleの柔軟性と豊かな発想力、そしてそれを実現する開発力や資金力。
それらを考えるとやはりGoogleなのでしょう。
正直なところ一党独裁的な状況になるのは望んでいませんが、
Appleは昔から保守的な文化があるように思います。
保守そのものは構わないのですが、
ジョブズ氏がいる時のようないい意味での保守は期待できないように思います。
いい意味での保守というのは非常に難しいんだと思うのです。
余程天才的でないとバランスがとれない。
ジョブズ氏が去った今、恐らくそのバランスをとることは不可能に感じます。
緩やかな硬直化を待つのみ。


そしてスマホ版WindowsOSを発表した今のマイクロソフトには何も期待することもありません。
この2社にはもっとGoogleを揺さぶって欲しいのですが。
やはり一党独裁は業界そのものの緩やかな硬直化しかありません。


先日の孫社長の発言からAndroidの可能性を示唆する発言もありましたし、
やはりiPhoneは徐々に下向いていかざる負えない雰囲気を感じてしまいます。
4S発売が決まったと聞いて、
「くそー、やっぱり4買いたかったなぁー」と思った私です。
ジョブズ氏の忘れ形見ですからねぇ。
やっぱり気持ちいいんです。ジョブズ氏の指揮したインターフェイスって。
本当に素晴らしい。

使って数日経ちますが、Androidはどーも愛せないものを感じます。
インターフェイスがAndroidなんですよ。
昔のマイクロソフトを彷彿とさせるような。

GoogleはVodafoneを買い取って指標となる理想のAndroid端末を作るような話もありますし、
真骨頂を期待したいと思います。
少なくとも今の状態では愛玩道具にすらなりませんね。
トラブルも多いし。

代替機としてきた003Hですが、
来て二日目なのに「電波の状況が悪くメールを受信できません」というトラブルがw
電波強度4なのですが・・・。
何か根本的な問題を感じさせます。
AndroidOSとの親和性のなさもあるのかな?

解約してもWi-Fiは受信できるようですのでソフトは常に最新のVerを利用できますし、
PIM機として割り切れば恐ろしく安い買い物です。
私は機種変で16,170円払いましたが、「iPodTouchより安い!」と甥に突っ込まれました。
今の中学生は1、2万クラスの機械を持っているんですねぇ。
原発さえ無ければ良い時代に生まれたものです。
その歳の私などは、お小遣いを必死にため、ゲームウォッチを手にし、
「未来が来た!!」と興奮し、猿のように遊んでいたものです。(笑)
今思えば可愛いもんですね。

新規契約やMNPなら0円とか1円でゲットできますから。考えると恐ろしいものがあります。
昔のPIM機なら素で5万、10万の世界でした。
ザウルスのオプション込で一式揃えた時は9万ぐらいしたような気がします。
それで通信はモデムですよ。(笑)

やはり携帯+パッドの2台持が理想です。

あの画面で本格的に何かをやるには小さすぎますね。
そうだろうと思ってましたが、使ってみて実感しました。
基本的に急場凌ぎ。
キーボードがあってもメールが苦にならない程度でしかありません。

そして、そこまで必要な人って職種や業種、立場が限られるので、
結局は携帯1台あれば充分なのでしょう。
基本はやはり便利な玩具。
としたらiPhoneはやっぱり強いなぁ。
カバーを見るだけでも目移りしてしまいます。
あれは愛玩道具になれます。
AndroidはまだまだこれからのOSであり機種ですねぇ。