2011年11月18日金曜日

Andoroid2.3.4:005SH:パケット異常食いの理由

今月に入ってやや忙しかった私です。
デスクワーク疲れってたまりますねぇ。
体を動かしていないと持ちません。忙しいほどに体は動かした方がやはりいいようです。
さて、表題の結論からすると、

原因)アプリのバックグラウンド動作
対処)モバイルネットワークに接続する場合はバックグラウンドは解除。

こうすると、意図しないパケットは請求されないようです。
結論は前回の推測通りとなりました。
意図通りに操作したところパケット増加はあれ以来ゼロ。
パケット異常食いの原因はアプリのバックグラウンド動作ということになります。

これはバグに近い動作のように感じますね。

Wi-Fi接続中はWi-Fiを優先すると表向きはなっています。
そもそも本来であれば3Gにつなぐ必要がない。
にも関わらずわざわざバックグラウンド動作は3Gにも接続する。
だからWi-Fiに接続中でもモバイルネットワークがオンラインだと勝手にパケットを消耗します。


これはユーザーに正しく示すべき事実ですね。


結果として、莫大な金額が請求されうることになります。
報道されたパケ死金額に充分到達しうるものと容易に想像ができます。
スマホはフラットプランに入るのが事実上デフォルト化されているため、
恐らくユーザー、一時的関係者も気づかないのではないでしょう。
当然中身を作っている人たちは知っているでしょうから、
知らんぷりしているのでしょう。その方が都合がいいから?・・とか。




バックグラウンドを停止したところいっさいパケットは消費されなくなりました。
(モバイルネットワークで通信はしないので)

それとSBに関しては外部メールのヘッダーを入手するのと、
削除指示でサーバーを操作する場合に限りパケットは発生しないようです。
何度も試してみましたが、パケット代は発生していません。
そういえば、そんな仕様が随分前にできたおうな話は聞いたような記憶が。(苦笑)
随分前ですが、かなり問題になりましたもんね。
迷惑メールの受信に金かかるってどないやねん、みたいな話です。
それからかもしれません。
なので、安心して外部メールも受け取れます。

これで当初思ってたような運用ができそうです。
ただ、外部メールの受信をしにいくたびにバックグラウンドの実行を停止させるのが面倒です。
それにしてもこの仕様は酷い。