2012年1月18日水曜日

武田邦彦:セシウム速報  1月15日、セシウム降下物急増


セシウム速報  1月15日、セシウム降下物急増
http://takedanet.com/2012/01/115_0fa7.html
(全文引用)
福島のセシウム降下物がやや落ち着いて来たと思ったら、1月15日に再び跳ね上がり、約200ベクレルを観測しました。「ゆるい警戒」を続けてください。範囲は宮城県南部から福島、茨城、千葉、栃木北部と考えられます。

警戒は、風の強い日のマスク洗濯物は取り込むときに叩く外出から帰ったら玄関に入る前に衣服を叩くそろそろ水道に出る可能性もあるので発表データに注するなどです。子供は背が低いので、大人より被曝しますので、長期間の外の遊びなどはしばらく止めた方が良いでしょう。

関係者は「地面に落ちたものが風で飛んだ」と言っていますが、すでに1月2日から2週間も続いていて、風の弱い日もありますので、不明です。ただ、200ベクレル(1平方メートルあたり)と言いますと、キャベツが4つぐらいが植わっている面積ですから、5日続くと新基準では出荷できないような降下量です。

(降下量の測定は直径1メートルほどの平たい「たらい」のようなもので降下物を受けて測定していますから、野菜の上や川にも同じように降っていると思います。原因を花粉、風、4号機、雪、瓦礫の焼却、家庭ゴミの焼却など広く、あたっていますが、今のところ「飛散している」のは間違いないのですが、その原因までは特定できていません。)
発表が2,3日遅れるので、発表を待っていたら被曝します。その分だけ、やや注意をしてください。

(平成24年1月18日)