2012年1月27日金曜日

チェルノブイリのかけはし:チェルノブイリの子供達からの声1、2、避難者の詩

チェルノブイリの子供達からの祈り
1月 14th, 2012
http://www.kakehashi.or.jp/?p=5123
(引用)
日本人の健康と忍耐を祈ります。私たちは同じ災いに生き残ったので、あなたもぜひ生き残ります。速く回復しますように。返事を書いてください。
グツェンコワ・ビクトリヤ(7年生) 
あなたの不幸を悲しんでいます
福島の友達!
あなたの健康と喜びを祈ります。日本は毎日晴れる、子供は泣かないで楽しそうに笑うように。最近ベラルーシも同じの原発事故が起こったので、あなたの苦しみをよく分かります。日本人の皆様の長生き、健康、幸福、陽気さ、笑顔を祈ります。
あなたと一緒に悲しんでいます!
あなたのベラルーシの友達
ミハレンコ・ナスチャ 
日本の友達!
日本で過ごした日々を喜んで、ありがたい気持ちで思い出します。日本はそんあに酷い災害にあったのを教えたとき、本当にがっかりしました。万事はうまく行くようにいのります。
あなたを愛しています。いつもあなたのお越しをみんな楽しみにしています。 
日本の子供達!
あなたの健康と幸福を祈ります。あなたはみんな優しくて、きれいだと思います。学校の成績も良いし、喧嘩もしないし、いつもママとパパの言うことを聴くと思います。弟妹の世話をぜひして、父兄の言うことをいつも聴いてください。みんなで仲良く暮らしてください。不満なことがおきないように祈ります。 
日本人の友達!
日本はベラルーシのように白くてきれいになるように祈ります。すばらしいアゴラ木をくださってどうもありがとうございます。
(アゴラの木は広島で被爆したアオギリの種です)
幸福、愛、健康、陽気さを祈ります。元気をなくさないでください!機会があればベラルーシをぜひ訪れてください。 
みなさん!
あなたの幸福、健康、愛、良い成績を祈ります。万事がうまく行くように。ここは自然もきれいし、人は親切です。あなたのベラルーシへの訪れを楽しみにしています。
ナスチャ、ベロニカ、ナスチャ 
友達!
あなたの幸福、健康、成功を祈ります。私たちは一緒ですから、お互いにぜひ助かります。日本はその災いにあったとき、私も親戚や友達も日本人のことをすごく心配していました。日本に行ったことがあります。とてもいい国と思いますから、万事がうまく行くと思います。私たちはあなたを心から支えたいと思います。
あなたの友達
ヤナ

チェルノブイリの子供達からの祈り2
1月 26th, 2012
http://www.kakehashi.or.jp/?p=5250
(引用)
チェルノブイリの子どもたちから、福島の子供たちへ
1.大切なおともだち。何もこわがらないで。すべて、うまくいくよ。元気でね。病気しないで。コズロフ・パーヴェル
2.健康としあわせとご無事をいのります。コスチュチコフ・ウラジーミル
3.健康でいてください。みんなの上に太陽が、マダガスカルより明るく輝くように・・・ダイニャク・ニキータ
4.日本のおともだちへ。健康と成功と忍耐がそなわりますように。今回のような事故が、二度と起こりませんように。手紙をください。カルポヴニン・スパス
5.健康としあわせ、祝福がありますように。勉強をがんばってください。プィジコフ・ワレーリィ
6.あなたたちも、わたしたちも耐えた。がんばって生きている。ベラルーシのヴォーニャ
7.みなさんに、しあわせと健康と忍耐がそなえられますように。全てがうまく行くよう、願っています。フィリッポフ・デニス
8.
9.わたしの友人へ 私たちは耐えました。みなさんも生き抜いてください。ダヴィジェンコ・サーシャ
10.健康で勉強をがんばってください。病気をしないでね。神様の祝福がありますように。オクセニューク・ヨシフ
11.友へ、私たちは耐えました。みなさんも生き抜いてください。健康としあわせを祈ります。病気をしないでください。エリョーモフ・イワン
12.日本のおともだち。私たちは耐えました。みなさんも生き抜いてください。健康と忍耐が備えられますように。病気をしないでね。私たちで、できることがあったら手伝います。カルプヒン・ボリス
13.元気で勉強をがんばってください。フダリェーエフ・アンドレイ
14.健康と幸せと忍耐が備えられますように。勉強がんばってください。全てがうまく行くといいですね。メシュコフ・アヴゲーニィ
15.日本が一日も早く復興しますように。グリニョフ・ウラジスラフ
16.大切なお友だちへ。元気を出して、負けないでください。ルキヤネンコ
17.耐えて生き抜いてください。私たちもそうしました。みなさんも。日本の復興とみなさんのしあわせを願っています。あなたの友 ルコムスキィ・アルチョム
18.健康と希望と忍耐が備えられますように。勉強がんばってください。コツール・ヴェロニカ

チェルノブイリのある避難者の詩 
1月 25th, 2012
http://www.kakehashi.or.jp/?p=5242
(引用)
ポレーシェのすばらしい地方
あなたでの生活はどんなに良かったか
あなたに抱きしめられたまま暮らした日々よ
それはかけがえのないものだった
思い出すたびに胸が痛む
そこでは私たちの人生は天国のようだった
小道、森…緑の草原
それらすべてが私たちのものだった
そこに住んでいた人たちの優しさ
仕事も友情も大切にして
パンも塩も平等にわけ
互いに訪問し合っ(飲み明かし)たものだ
ナロヴリャは静かな街
広々とした公園と
プリピャチ川が流れ
本当に天国だった
自然を誇りに思っていた
教会へ行って祈っていた
そして、爆発が地下から来るということを誰も思っていなかった
ある日、私たちは目覚め
互いに優しくほほえんだ
メーデーの朝だった
そして、天気が暑かった
パレードには風船やプラカード
人々はそれをいつものように楽しんだ
しかし人々は知らされていなかった
それを思うとなおつらいのだ
私たちの子供は花のように
晴れ着を着て、
詩を朗読していたのだ
メーデーについてだってしっかりした考え方を持っていたのだ
そして、祭りに水を差さないように
私たちに誰も真実を言えなかった
それは、たぶん、共産主義のせいかもしれない
結局、言わざるを得なかった
チェルノブイリは煙を吹き始めたから
あわてふためいてはいけません
大丈夫になりますって。
あと何日か待っていた
何も知らなくて。
何?なんで?どこ?質問がいっぱいあったが
本当のことは聞かせてもらえなかった
電話が破裂しそうだった
全国から電話をかけてきたから
これがひどい不幸だと言うことを
誰も知らなかった
チェルノブイリの爆発は強力だった
広島よりも強かった
そして、思い出すと痛いけど
私たちは、まただまされ続けた
(私見)

ReadItLaterでクリップしておいて電車内で読みました。スマホで。
不覚にも、自宅にいるような感覚で普通に涙を流してしまった。
トレンチコートを来た男が電車内でスマホ見ながら泣いてまでんしたか?
それ、私だったかもしれません。
すいませんおどろかせ
変態ではありませんからご安心下さい。
仕方がありませんよね。