2012年7月22日日曜日

朝日新聞デジタル:線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装


朝日新聞デジタル
記事2012年7月21日5時37分
 
線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装
(引用) 
 東京電力が発注した福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が昨年12月、厚さ数ミリの鉛のカバーで放射線の線量計を覆うよう作業員に指示していたことがわかった。法令で上限が決まっている作業員の被曝(ひばく)線量を少なく見せかける偽装工作とみられる。朝日新聞の取材に、複数の作業員が鉛カバーを装着して作業したことを認めた。役員は指示したことも装着したことも否定している。厚生労働省は、労働安全衛生法に違反する疑いがあるとして調査を始めた。