2013年8月7日水曜日

真実を探すブログ:放射性物質から身を守る食事法

【放射性物質から身を守る食事法】亜鉛で造血機能と免疫機能強化!ミネラル豊富な天然塩も効果的!乳製品や加工食品には要注意! 
http://saigaijyouhou.com/blog-category-22.html
(引用)
つまり、放射能被曝で弱った体を良くするためには、放射能を排出するか、弱った細胞を活性化させる必要があるということなのです。今回ご紹介する食事法もこの2点を重視して考えています。
放射能被曝で弱った体の回復を促進させる代表的な栄養素には「亜鉛」があります。亜鉛という物質には人間の疫機能や造血機能を強化する働きがあり、放射能被曝で弱体化してしまった免疫力を立て直す効果などがあるのです。 
(略) 
「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)
 「放射線宿酔」と呼ばれる。レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠や筒宇などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推理したのだ。
みそ汁の具は、カボチャであった。のちにわかめのみそ汁も多くとったらしい。砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。
 すると、どうであろう。そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、原爆症の症状が出なかったのである。ふつうなら、しだいに原爆症の症状が出て、進行してしまうところなのに、彼らはそれからのち、ずっと現実に生き延びているのである。 
(略) 
逆に体内に取り込まない方が良い食べ物や栄養分もあります。その代表例が乳製品です。牛乳に含まれているタンパク質の8割を占めている「カゼイン」という物質は発ガン性が指摘されており、他にも乳糖のような大人の人間では消化吸収が中々出来ないような物質が牛乳には多数含まれています。
(私見)

とても興味深くかつ色々思い当たる節もある記事に思います。亜鉛は取り方を誤ると異なる病気に罹患するので過剰摂取は特に要注意だと思います。消費されている分には構わないかもしれませんが体内希少元素であるのには理由があるでしょうから。

私の主食は玄米、味噌汁、サラダ、卵、納豆、今は塩トマト あたりですが、塩は腎臓への負担を考え出来るだけ避けていました。こういう場合は役に立つんですねー臨機応変が肝心。過ぎたるは及ばざるが如しでしょうから、加減は個々に必要でしょう。それと天日塩じゃないと効果うすいようです。うちは天日塩が美味しいので天日塩にしてました。精製塩に比べて高い言ってもそれほど塩は減りませんしね。いかに科学的に精製されたものが肉体にとって不都合を来すか痛感します。やはり人は自然の一部なのです。

忙しくて玄米を炊くのを忘れたり外食の白米で済ますと、3日もすれば飢餓感が凄く止まらなくなりますが、玄米をとるとピタリと止まります。空腹と飢餓感へ別です。311以後胃がおかしくなり食べ物をあまり受け付けなくなってしまい量が食べられないので残念ですが、量が少ないから尚更質に気を配りたいです。

亜鉛に関しては過去の経験で唯一効果的なサプリだと捉えていました。サプリブームが起きる前より肉体改善の為に非常に多くのサプリを試したのですが亜鉛以外は全滅。亜鉛をやめたのは効果がありすぎて怖くなったのとコストが高いの為です。当時は「そんなの無意味」「気のせい」「気休め」と周囲全員はおろか医者からも否定されたものです。需要と供給のバランスで言えば今こそでした。恥ずかしながらこの記事を読むまで忘れてました。

人間の肉体は化学工場ですから、本来であれば食物からとるのが絶対原則だと私は思います。下手にサプリに頼ると肉体がサボりますので肝心な時に工場は機能しなくなることもあると考えられます。基本生命は怠けられるものは怠けたい。ただ亜鉛は食物からとるのが非常に難しく純粋に外からとるしかない必須元素ですし、要となる食材が食材ですのでサプリメントが有効な数少ないものに思いますね。

現在某サイトでフェア中でしたのでまとめて購入。15年前当時は別メーカーですが1から2週間で千円しましたねーイイ時代です。
亜鉛 サプリメント 【今なら約3ヶ月分が400円で購入できます。キャンペーン中!※決済画面で500円OFF】 オーガランド
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%9C%E9%89%9B-%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E7%B4%843%E3%83%B6%E6%9C%88%E5%88%86-270%E7%B2%92-%E3%80%90123000110433001%E3%80%91/dp/B00A2NQA9K/ref=pd_cp_hpc_0

ただ、希少元素なのでくれぶれも沢山とればいいとか安易に考えない方がいいと思いますよ。塩にしてもあくまで個々の肉体事情から来る需要と供給のバランスが要でしょう。肉体の変化には注意したいです。