2011年7月29日金曜日

YouTube:東京大学児玉龍彦教授、国の原発対応に満身の怒り (推薦)

8/3:8/2時点で削除されていたことが確認された映像ですが、
復活しているようですね。何があったのでしょう。
念の為に3つリンクしておきます。内容は同じです。

8/3:念の為に、他のサイトのもリンクしておきます。

国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦氏 投稿者 3noface

8/2:新たなデータへリンクしました。
※これほど社会的に重要な内容を削除させるとは・・この国は・・・。


8/3:おや?復活しましたよ。
8/2:削除されてしまった映像



THURSDAY, JULY 28, 2011
東京大学児玉龍彦教授、国の原発対応に満身の怒り
(引用)
南相馬市で、学校児童1700人が、毎日バスでわざわざ放射線の高い飯舘村近くの学校まで通わされている、と教授。 
『7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に 国会は一体何をやっているのですか!』

緊急拡散願い、東大の先生怒りの訴え
7月 29th, 2011
http://www.kakehashi.or.jp/?p=3902
(引用)
本当に大変なことを言ってくれる学者がまだこの国に残っていました。
【動画】「国の原発対応に満身の怒りを表明します!私は法律を犯しています!」東京大学-児玉龍彦教授(これは観てください!)
http://savechild.net/archives/6135.html

【動画】「測定と除染に立ち上がって頂きたい!それなくして親の安心はない!」東京大学 児玉教授の厚生労働委員会 質
http://savechild.net/archives/6151.html


(私見)

怒り。
怒り。
全身全霊の怒りです。
同じ思いです。
そして、これが現実。

国民を守る筈の法律が
国民を苦しめ、権力者のみを養護するようになっては世界は破滅。
でも、今はそのように機能しているように思えて仕方ありません。

それを放置しているのは国会であり、
議員です。
そして我々です。

それにしても。。。やっぱりあるんですね。
最新の検査技術、除染技術・・・。
その点に関してはチェルノブイリ事故とは大きく異なっているはずです。
それを導入しないで国は本当に、心から何をやっているのか!?
憤りが隠せません。