2011年7月29日金曜日

武田邦彦:食品の暫定基準値は1年20ミリシーベルトの内部被曝を想定している


食品の暫定基準値は1年20ミリシーベルトの内部被曝を想定している
http://takedanet.com/2011/07/120_df0d.html
(引用)
簡単に言うと、原子炉で働いている作業員が白血病になったとき、その白血病が「原子炉で働いて被曝したのが原因」という認定を労働災害で受けるのが5ミリシーベルトの被曝です。
 
また、年間20ミリシーベルトというのは、1年間に胸のレントゲンが400回ですから、これもとうてい、子供にさせても安心できる量ではありません。

食材を求める人は大変ですが、当面は国内産の牛肉はダメです。オーストラリアは放射線に対しても厳しいので、オーストラリア産でしばらくは回避しておきたいと思います。